tent tentの2020年振り返り& 2021年の3つの抱負 |たくさんチャレンジしました

新年明けましておめでとうございます。tent tent代表の田合です。

新年を迎え久しぶりにブログを更新したいと思います。

tent tentは2020年に設立し、約半年間いろいろなチャレンジをしてきました。

また失敗から学び2021年の抱負としたいこともたくさんありました。

今回は2020年の振り返りと2021年の抱負をおせちを食べ終わった今、書き留めていきたいと思います!

【2020年】tent tentの振り返り

2020年チャレンジしたこと

2020年の年末のミーティングで取締役の宮田と「tent tentでチャレンジしてきたことをリストアップしてみよう」という流れになり書き出してみました。

2020年チャレンジしたこと書き出してみよう!

事業別に思いつく限り書き出して振り返りをしたいと思います。

【おでかけわんこ部でのチャレンジ】

tent tentで運営している愛犬とのおでかけ情報メディアおでかけわんこ部

  • おでかけわんこ部でPR投稿
  • おでかけわんこ部の営業活動

おでかけわんこ部のwebサイトも可愛くリニューアルし、本格的に収益化のための準備をしました。そのため初めての営業やPR投稿を行いました。

  • おでかけわんこ部でのコロナ支援活動
産経新聞

2020年は新型コロナウィルスの影響で思うようにおでかけができない状況となりました。

そんな中で「愛犬とのおでかけ情報を扱うメディアとして私たちにできること」を考え、犬と一緒に行けるおでかけ施設を支援するプロジェクトを2020年5月から始めました。

コロナ被害に対する犬とのおでかけ施設支援特設ページ

周りの方からの助言やサポートをいただきながら開始したこのプロジェクトは、支援が必要な施設様と、支援をしたい飼い主様をたくさん繋げることができたと思います。

初めてのインスタライブで支援を呼び掛けたりと、新しいチャレンジだらけでした!インスタライブは反響も大きく今後も継続していきたいと思います

  • おでわんサポート部員のスキルアップ

おでかけわんこ部のサポートをしてくれている3人のメンバー。

以前まではInstagramでの情報収集や簡単な入力作業のみをお願いしていましたが、2020年夏頃からWordPressで記事作成をお願いできるようなサポート体制を整えました。

キーワードの選び方や記事の書き方など打ち合わせを繰り返しながら、前向きにスキルアップしてくれたことはとっても嬉しいチャレンジでした!

【Instagramサポート事業でのチャレンジ】

  • 複数アカウントの運用サポート

おでかけわんこ部のInstagram運営を通して習得した知見やスキルを、他のInstagramアカウントにも応用して運用サポートを行いました。

  • プロフィール欄の提案
  • ハイライトメニューの効果的な使い方提案
  • ハッシュタグの選定方法提案
  • 人が保存をしてくれるコンテンツ内容の提案
  • 使えるツールの提案
  • ユーザーを巻き込むコンテンツ内容の提案

などなど。

tent tentのInstagramサポートで大切にしていることは

「情報を届けたい人に届け、やって欲しい行動をいかに喚起させるか」

です。

この方針を大切にし運営サポートをしています。(=フォロワー数を追うのではなくエンゲージメント率をあげること)

特におでかけわんこ部ではたくさんの飲食店やホテルのInstagramアカウントを見てきました。この知見を生かし施設アカウントのInstagramマーケティング方法のブログを近々アップ予定です!

【カフェ事業のチャレンジ】

  • リアル店舗運営(コマドカフェ)

設立時の私のブログでも発信している通り、tent tentではいつか人と人が繋がるカフェのようなスペースを持ちたいと思っています。

ただ現時点では店舗の賃貸費用や人件費など固定費を払うほどの余裕も時間もありません。

2020年はたくさんのサポートのおかげで、チャレンジ的な位置付けで間借りで朝だけのカフェ(コマドカフェ)をオープンすることができました。

このリアル店舗の運営はインターネット検索ではわからない「楽しさ」「難しさ」「やりがい」をリアルに感じ取ることができ、本当にいい経験となりました。

コマドカフェは2020年12月末を持って一旦営業終了しましたが、またいつか違う形でオープンできるように今回の経験を生かしてチャレンジしたいと思います!

【2021年】tent tentの抱負

では2021年はどんな年にするのか?

ここからは2021年のtent tentの抱負について宣言したいと思います。

(1)各事業の確立

2020年はたくさんのことにチャレンジしました。その中で見えてきた本当にこれから大切にしていきたい事業を2021年はしっかりと確立し、同時に収益化の基盤を整えていきたいと思います。

  • おでかけわんこ部

メディアとして飼い主様にとって有益な情報を発信し、広告主様にとっても価値のあるメディアに育てたいと思います。犬とのお出かけ情報のポータルサイトを目指します。

  • Instagram運用サポート

カフェやホテルなどの施設に向けたInstagramマーケティングの知見を体系化し、ブログや動画教材などでわかりやすく解説したいと思います。また個別の運用サポートにも応じられるようにサポート体制を整えたいと思います。

(2)サポートメンバーを巻き込む

tent tentは代表の私(田合)と取締役の宮田の2人の会社ですが、各事業にはたくさんのサポートメンバーがいます。

私たち2人の経験や知識では限界があることも、サポートメンバーのスキルが掛け合わさることで可能性が2倍にも3倍にもなることを2020年は実感しました。

2021年はより一層たくさんのサポートメンバーを巻き込みながら一緒に楽しく事業を進めていきたいと思っています。

(3)必要以上に萎縮しない落ち込まない

2020年は初めての営業などチャレンジしてきました。そのチャレンジで感じたことは

  • もっと自分のサービスやスキルに自信を持つこと

が事業には必要だと痛感しました(=自分には足りていないと感じました)

また事業を進める上で浮き沈みやちょっとしたピンチはつきもの。・・・そうはわかっていても狼狽やすい自分に改めて気づく2020年となりました。

2021年は少しずつでも「堂々と」した気持ち、そして「フラット」な気持ちを大切にtent tentを丁寧に育てていきたいと思います。

2021年も宜しくお願いします

おせち越しの愛犬

2020年はたくさんのサポートを有り難うございました!

tent tentは2021年も丁寧に誠実にコツコツと進んでいきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします!

株式会社tent tent
代表 田合

tent tent|取締役という名の「なんでも役」が迎えた2021年で想うこと

新年あけましておめでとうございます。

株式会社tent tent取締役の宮田です。NHK「紅白歌合戦」を観ながら涙する日が来るなんて、思いも寄らない2020年の年末を過ごしました。

2020年においては、会社を法人成りさせた上に、半年間でどんだけチャレンジするんだ!?と思いつつも、人と時間のポテンシャルはコントロール次第で案外いけると感じたものです。もちろん、すべてうまくいったというわけではないですが。

うまくいかなったことがたくさんあったからこそ、2021年の抱負を見つけることができました。

①2021年は「各事業の確立と維持」

チャレンジした後に、振り返る。そんな当たり前なことを年末にしたところ、「まぁ…がんばったけど、やっぱり疲れたね苦笑」と。最後のミーティングで代表の田合と顔を見合わせたのです。

来年はきっちり、ちゃんと、大事な事業を確立することが大事だと気付きました。「やろう、やろう」詐欺になっていることが山積みです。まずはここをきっちり、ちゃんと。

そして、尻すぼみすることがないように事業の維持も心がけていこうと。ありがたいことに、サポートしてくれるスタッフがとても前向きに動いてくれています。わたしたちの小さな事業を愛してくれています。

彼女たちの想いに応えるために、事業をしっかりと維持して継続していくことも、会社として必要なことだと考えるに至りました。

②関わってくれるパートナー(企業も個人も)との協力関係

ご存知の通り、tent tentはとっても小さな会社です。わたしたちだけの力では、経営を存続し、人々に認知してもらい、さらに成長させていくことなんて到底無理です。

だからこそ、わたしたちを支えてくださるパートナー企業様(個人も含め)と、互いに協力し会える関係を広げていきたいと考えています。

手持ちのスキルは少ないけれど、協力してくださるパートナーが増えていく、そんな「輪が広がる」2021年にしていきます。

改めまして、

まだ1期も迎えていない、未熟な株式会社tent tentですが、どうぞ温かくご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

株式会社tent tent
取締役 宮田恵
2021年元旦

tent tentの夢に寄り添って歩いてみよう|わたしにできること

株式会社tent tentの取締役、いやサポート役、いや相方役、いや裏方役(どんだけ役割あんねん)の宮田です。

2020年7月3日、代表の田合が「夢をのせて走るバス」の運行開始しました。それが株式会社tent tentです。

株式会社tent tentは、関わってくれるスタッフが乗りたくなる”夢のバス”しよう。例えタイヤがパンクすることがあっても、エンジンが故障することがあっても、得意なスタッフが役割を変え助け合いながら進んでいきたいね。

そんな話をしながら、夢を語ったことがついに動き始めたのです。

いつか叶えたいおでかけキャラバン

誰かの夢に乗っかるなんて”夢にも”思わなかった

わたしは”ずっと自分中心”の人生を走り続けてきました。歩くことや立ち止まることにひどく焦りを感じてしまう人生だったように思います。(もちろん楽しんではいたけれども)

そんなわたしがここ数年で、生き方において大きな変化を遂げました。アクティブでキラキラした爽やかな海の世界から、ゆっくり深く考え社会とのつながりを感じられる陸の世界に上がってきたのです。

陸の社会には、いままでわたしの周りにはいない人たちでいっぱいでした。

そして、周りのたくさんの人たちは夢を持っていました。海以外に何も持たないわたしには陸でできることなんて一つもないと思っていたのですが、田合(代表)の夢を聞けば聞くほどその想いに共感し、たくさんの人にこの想いを届けたいと思うようになりました。

「手伝いたい」とそう自分から言うなんて、過去の自分には考えられない行動でした。

田合の夢に乗っからせてもらうことにしました。

お手伝いを始めたころに開催した「愛犬無料撮影会」

わたしの役割

取締役というたいそうな肩書をもらいましたが、メディアサイト運営がメインの会社において、わたしにできることは実はそんなにありません。

では、なぜここに立っているのだろう。

自問自答を繰り返し、見つけた役割は「夢を現実のものにしていくための道標を整理整頓」するということ。

  • いま必要なこと
  • この仕事に適している人
  • 会社にとっての優先順位
  • 社長の脳内まとめ

裏方の役割を徹底していきます。

さてゆっくり歩きはじめよう

走り続けてきたいままでの自分にいったん「お疲れさま」をして、これからは焦らずゆっくり歩いてみようと思っています。

それはtent tentとともにある、「これからの人生」です。ゆっくり誠実に丁寧に。

今日ここで書いていることを、自分たちで裏切ることのないように、いつまでも初心を忘れずに。

株式会社tent tentと、”夢をのせて走るバス”の若葉マーク運転手である私たちを
どうぞよろしくお願いします。

tent tent 設立への想い | 私の心を救ってくれた繋がりを自分も作りたい

こんにちは。tent tent(テントテント)代表の田合です。

本日、2020年7月3日は株式会社tent tentの設立日です。

自分にとって大きな節目になるこの日に、tent tent設立への想いを私の心の動きと重ね合わせながら書きたいと思います。

5年前の私

-愛犬とのおでかけ

私のいつか叶えたい夢として「カフェを作りたい」と思ったのは5年ほど前からです。

(現在のtent tent事業内容にカフェは「まだ」ありませんがtent tent設立に繋がるエピソードです)

当時、私の心はひどく疲れていて引きこもりがちでした。唯一の楽しい外出は愛犬を連れてカフェに行くことでした。

いつも無邪気な愛犬

カフェで出会う店員さんや飼い主同士の何気ない会話は、私の心の緊張をゆっくりほぐし社会との繋がりを感じさせてくれました。

「わたしもいつか愛犬と飼い主さんの癒しの場所を作りたい」

「誰かと誰か・誰かと社会を繋ぐ場所を作りたい」

そんな風にぼんやりと思ったのが5年ほど前です。

-ブログとの出会い

ブログで伝えるって楽しい

同じタイミングで(当時webの仕事に携わっていたこともあり)大好きな「犬」のブログをはじめました。

この「ブログをかく」という作業も、社会と自分をもう一度繋げる大きな出来事でした。そしてブログを通してたくさんの有難い出会いもありました。

犬とのおでかけメディア「おでかけわんこ部」を開始

そうして社会との繋がりを再認識した私が作ったメディアが「おでかけわんこ部」です。

愛犬とのおでかけで心が元気になった私がずっと作ってみたかったメディアでした。

犬と一緒に行けるカフェや宿を実際におでかけした飼い主さんからの情報を元に、整理して発信していることが特徴的です。

「愛犬とのおでかけを通して全国の飼い主さんにハッピーになってほしい」

そんな想いは日に日に強くなりました。

-もっと多くの飼い主さんに届けたい

大好きな公園にて

個人事業として「おでかけわんこ部」を育てていくには、限界がありました。

ある時、愛犬無料撮影会を行った際に新聞記事に取り上げていただいた時の私の肩書きは「愛犬家」となっていました。

もちろん間違っていません。

ですが認知度をもっと上げるためには事業として行う必要があると強く意識した瞬間でした。

-仲間との繋がり

イベント会場にて

また私の想いに共感してくれる仲間も増えてきて、チームとして動くことが何より楽しくなっていきました。

「一緒に運営するメンバーにも笑顔でいて欲しい。」

それまで自分だけでいっぱいだった私がそんな風に思うようになりました。

私が本来の生きる力を取り戻したのはこの頃からかもしれません。

tent tent設立へ

今日の御堂筋は雨でした

いろいろな繋がりを実感する中で、自分や自分の周り、そして自分の事業を通して「笑顔の面積を広げたい」という想いを抱き、本日無事 tent tentの設立にたどり着きました。

これからは「おでかけわんこ部」の他にも、情報と情報、人と人をつなぐ事業を通してたくさんの笑顔を生んでいきたいと思っています。

私がここ数年で感じてきた「誠実」「丁寧」にコツコツと続ける大切さ。

これをtent tentでも実践していきたいと思っています。

よろしくお願いします!

最後に、5年前少しだけ動き出した私を見つけて引き上げてくださった方々、落ち込みやすい私を励まし続けてくれた仲間たちに心から感謝します。

これからもご指導ご支援のほどよろしくお願いします。

「いつの日か誰かと誰かが繋がるカフェのようなスペースをtent tentで作りたい」それが今の私の夢です。(田合 恵子)
代表プロフィールはこちら